遊女インタビュー

 2017.04.27
 現役で講師で整体師で心理アドバイザーでドM!?  レジェンド泡姫による匠のプレイは、他店からも受講者が殺到
神崎みく
◆それにしても大きな胸ですねぇ。ウエストもクビレていて、より胸が強調されちゃってるし。着ている服も胸の部分が大きく開きすぎですよ!

そうですか?いつもこういった胸が大きく開いた服を着てますよ。


◆もちろん外ではその格好に上着を羽織ってると思うんですけど…。女性って男性の目が胸を見ると分かるって言うじゃないですか!?でもこれはその胸がどこをどう見ても目に入っちゃいますって。だからそれはもう許してくださいね。罪なオッパイだなぁ(苦笑)。

分かりました。わたしにとって、谷間はアクセサリーなんです、フフフフフ。



◆個人的にも1度、じっくり話をしたかったんですよ。前情報で、この仕事の講師をやっていると聞いていたもので。講師っていつ頃からやっているんですか?

えぇと…一旦(この仕事の)現役を引退して、その頃は講師だけをやっていたんです。


◆えっ、でも戻ってきちゃったんですか?

はい、現役の方が楽しいし。
この仕事って流行があるっていうか、現役しながらの方が、その時々のいろんなことが教えられるんです。
それにお客さんの求めるものも、年々だいぶ違ってくるんですよね。


◆へぇ~、プレイにも流行りみたいなものがあるんですね。

そうそう、だから今年、久し振りにマニュアルDVDを作って販売予定です。しかも第2弾、第3弾と。


◆勉強不足で申し訳ないのですけど、ってことはもう第1弾が出てるんですね。

はい。アマゾンで“神崎みく DVD”で検索すると出てきますよ。ほらっ(といってそのDVDが出てきたスマホの画面を見せてくれる)。


◆ほぉ。是非、懐に余裕があるときに買わせて頂きます。

宜しくお願いします(笑)。


◆でもまた新作を何故今年出そうと思ったんですか?

マットな内容や潜り椅子にだいぶ新しい技が増えてきたので、出そうかなっと。
因みに、この潜り椅子、自前で受注生産で作ったんです。


◆幾らしたんですか?

10万円くらいです(微笑)。


◆やっぱり専門グッズだから高いんですね。話は少し戻しますが、講師ってどういう感じで仕事をしているんですか?

まずこの仕事で働く女の子専用のセミナーがあるんです。
そういったものにゲスト参加します。



◆自分が主催じゃないんですね。

はい。わたしはココ『湯女華』に所属しているから、あくまでゲストなんです。


◆そういったセミナーや講習会があるというのは聞いています。
どこでやるんですか?


大体ラヴホでやるんですけど。1日に7・8人を2回転。
先着順で、いつも
キャンセル待ちになるほどなんですよ。


◆へぇ~、人気なんですね。

この仕事で技を覚えて、お客さんを獲得したいって女の子って、男性の方が思っている以上に多いんですよね。


◆不景気だし、女性は特に就職難だから、それを考えると頷けます。
まず…ということは、他にも講習会みたいなものをしてるんですか?


わたしがココに出勤しているときに、サイド講習として女の子が受けにやって来ます。


◆そうなんだ!昔は男性従業員が、入店した女の子に講習を就けていたというのを聞いたことがあります。

いまはお店の男子スタッフが講習することは、ほとんどないと思いますよ。


◆女の子が受けにくるとのことでしたけど、どういった女の子が来るんでしょうか?

例えば、高級店のトップの女の子とか、仕事内容で分からないことがあったり、疑問に思うことがあっても、逆に訊くところがないんですよね。それに今って本当にまだとても不景気で、風俗店も当然大変だし、働く女の子はもっと大変なんですよ。だから数少ない新規のお客さんを確実に掴むために、テクニックやサービスを覚えたいっていう女の子が、非常に多いです。


◆先程、講師になって10年ちょっととのことでしたけど、そもそも何故講師をやることにしたんですか?

何故って…単純ですよ。当時働いていたお店のスタッフに頼まれたからです(笑)。


◆当時、頼まれて講師を始めたと言うことは、そのテクニックはもう自他共に認められていたんですね。

どうか分かりませんけど(笑)、わたし自身は今までにマット講習って一度も受けたことがないんです。


◆えっ?初めて入店したときに教えられなかったんですか?

教えられなかったというか、入店して初めてマットを教えてもらう時に、最初にいきなり滑れちゃったから、それ以降、キミは滑れるねみたいな感じで、お店は教えてくれなかったんです(苦笑)。だから働きながら独学で勉強しました。


◆独学で勉強したってことは、相当努力したんですね、きっと。でも独学でも10年経てば、一目置かれる存在になれるんだと実証されましたよ。

ありがとうございます。
で、独学でマットを覚えて、教えられるほど巧みなテクニックのマットが上手い女の子がいるって噂になったみたいで、それは誰?ってわたしの女友達から他店の店長さんが聞き付けて「ウチの男子スタッフに教えてあげて欲しい」ってことになったんです。



◆へぇ~。

他にも、お店に女の子が入店して来るじゃないですか。
マット出来る娘にお店のスタッフが「キミ、マット出来るけど誰に教わったの?」って話になったときに、女の子の口から「神崎みくさんです」って名前が出だすようになったみたいで、口コミでわたしの名前が広がりました。



◆自他共にじゃなくて、他というか周りが評価してくれたんですね。
口コミはマス・メディアと違って、尾ヒレが少々付くことがあっても、ヤラセは一切無しですから、時間はかかるもしれないですけど、広まれば最強ですよ。
因みに、1度引退して講師だけやっていた期間はどのくらいなんですか?


講師だけは1年くらいだと思います。


◆最初に、戻ってきたのは現場が好きだからって仰ってましたけど、ブランクによる不安は無かったんですか?

戻って来ることになった直接の原因は、引退する前に働いていたお店のスタッフに、女の子がいないから手伝って欲しいって連絡があって頼まれたからなんです。で、以前の常連さんたちに連絡して訊いてみたんですよ。そしたら皆さんが「戻ってきてくれるんなら、絶対行くわ!」って行ってくれたのも大きいです。で、実際出勤したら指名で埋まりました(微笑)。


◆マットプレイを始め、ソープの仕事って風俗の中でも群を抜いて特殊技能だから、サービス業の泡姫としての免許や資格があっても良いと思うことがるんですよね。

(笑)。でもわたし、ソープじゃないですけど、整体師の資格を持ってますよ。
一昨年取りました。



◆また何故取ろうと思ったんです?

こっち(ソープランド)の仕事にも活かせると思いましたしね。
お客様にマッサージもして癒してあげたいんですよ。元々、人の身体に触れるのも好きでしたし。イッた後にマッサージをして上げたいんです…。


◆仕事では当然責めも受けも…。

はい、両方です。プライベートはMですけどね(ペロ)。


◆了解しました(笑)。でも今までの話を訊いた限りでは、責めメインのような…。

確かに、責められたいお客さんの方が多いですね。ただ…。


◆どうしたんですか?

わたし、卵巣が傷つきやすいみたいで、指入れだけが出来ないんですよ。それでも納得して頂けるなら受け身も全然します。


◆なんだかんだ言って、Hは好きですか?

そりゃ、そうですよ。お店に日替わりでセフレが遊びに来てくれる様な感じで、楽しんでます、ウフフフフフ。


◆自分の性欲を10段階で表したら、どのくらいだと思います?

10段階で?…15くらい(爆笑)!!


◆アハハハハ、よ~く分かりました。好きな男性のタイプってありますか?

わたし、メッチャ年下好きなんです。20~35歳くらいまでの方がいいですね。


◆了解です。講師の仕事も楽しいですか?どんな時に1番楽しさを感じます?

そうですね、教えた娘に「お客さんが喜んで、また返ってきましたよ」って言われると、本当に嬉しいです。教えることにより、わたし自身も勉強になります。講師も本当に楽しいです。もう趣味ですよ。


◆着実に教え子も育っているんですね。

そうみたいです。弟子や孫弟子ももういて、そんなわたしの教え子たちの中には、既に講習している娘もいますよ。


◆もう職人ですね。そう言えば、以前この姫トークで取材した娘から聞いたんですけど、今はお店のサービス強化月間みたいな…。

そうです。2月からお店のサービス底上げ期間で、お店の女の子に集中して教えています。


◆それってでも全員じゃないんですよね?全員だとそれも大変だし。
どういう女の子を選んでいるんですか?


仕事に対して積極的な女の子だったり、お金を払ってでも習いたい娘だったり。プロ意識のある娘ですかね。でもそれも重要ですけど、極端に言うなら、その講習を一緒になって楽しんで遊べる娘でしょうか。真面目なだけじゃなく遊び心が重要なんですよ。


◆それと、オフィシャルHPの遊女紹介のコンテンツにて、女の子によっては“神崎みく、お墨付きマーク”が付いてたりするじゃないですか。あれの意味は?

あれは、講習を受けて、尚且つわたしがOKを出した娘に付けてもらうように、お店に頼んでます。


◆OKを出す基準は?

光るものがあって、特に良かった娘とかかな。例えば、今は(取材した2月下旬現在)ミヤビちゃんとモナちゃんに付いているんですけど、
ミヤビちゃんはやる気が誰よりも強くて、覚えるのが1番早かったです。
モナちゃんは、いろんな技を身につけたら今後イケるという伸びしろ?伸び幅に期待を込めてです。2人とも目標が明確なんですよね。


◆マークが付く娘と付かない娘は紙一重?

だからといって、決して(マークが)付かなかった娘が悪いわけじゃないんです。
それに(講習を受けた)
全員にそれを付けていたら、直ぐにマークで皆埋まっちゃうでしょ(笑)。


◆確かにね。みくさんから、今プレイに悩んでいたり壁にぶつかっている女の子に助言するとして、コツというか姿勢というか、メッセージはありますか?

まず、自分が気持ちいいという認識を持ってプレイすること!そして、頭の中にTVのワイプのような小窓をいっぱい持って、俯瞰だったり、お客さん目線だったり…、自分の感覚としてその映像を思い出しながらプレイする…。最初は難しいかもしれませんけどね。でもわたしだって誰も教えてくれなかったら、出勤しててもお店の部屋の中、携帯用のDVDプレイヤーでいろんなソープのDVDを観まくって、勉強しましたから。湯女華で働いている遊女の皆さん、頑張ってください。


◆皆さん、ボクも応援しています!そんなみくさんですが、ずっとお店のスタッフや女の子、お客さんにも重宝というか必要とされてきた訳じゃないですか、ぶっちゃけた話、調子にノッていた時期も過去合ったんですかね?

最初は確かに天狗になってた時期もありました(笑)。
お店もタテてくれるし、お客さんもチヤホヤしてくれるし。もうみんな何故もっと早く(天狗になってるって)教えてくれなかったんだろうって…(苦笑)。



◆ホントそう思うよね。もうどんなプレイも習得しちゃったの?

一応全てのプレイがOKですよ。ベッド、マット、椅子、お風呂…なんでもOKです。そのほとんどの技が出来ると思います。


◆今後はどうしましょうね?イクところまでイキますか(笑)?

そうですねぇ…今後はやれるとこまで現役でやろうかなって思ってますけど…。


◆講師の方はどうでしょう?

講師も現役をやりながらって人は、全国的にも数少ないんですよ。
完全に口コミですけど、福原の他店の女の子も講習を受けにやってきますからね。



◆それはいつ教えてるんですか?休みの日とかに?

違いますよ。ちゃんとお客さんとしてやって来ます。プレイ料金を払ってね。
流石に待合室とかで男性のお客さんと一緒には待ちませんけど、番号札を持って、別室で待ってもらってます。先も言いましたけど、わたしは湯女華在籍で、普段はお店にいますから。基本は来てもらう形です。



◆みんなどんな問題を抱えて来ているんでしょうか…?

指名を獲りたいけどどうしたらいいか…お店は教えてくれないし…とか。年齢も様々。でもマットを教えて欲しいっていう娘がやっぱり多いかな!?中にはビデオ撮影をするほど真剣な娘もいますよ。これも言いましたけど、俯瞰で観ると、また全然違いますからね。


◆そうなんだぁ。どんな仕事でもストイックな人っているんだなぁ。

だって、素人売りで人気があるのは最初だけですからね。


◆みくさん、将来は自分でソープランドをやればいいのに…。
最近はママが仕切っているお店も少ないから。


フフフ…良いスポンサーが見付かればお店はやりたいな♪


◆将来の夢や目標はあるんですか?

もし現役を退いたら、本は出したいなと。原作を書いて漫画でも良いし…。
あとは、マットで痩せるマット・エクセサイズとかのダイエット本(笑)!?
わたし、この仕事をし始めてどんどん胸が大きくなっていったんです。いや、胸が大きくなったというよりも、胸のお肉が堕ちずにスリムになっていったんですよ。



◆それってダイエットの理想じゃないですか!?因みに、今って何カップでしたっけ?

Iカップです。でもJカップを目指してるんですよぅ。


◆メッチャ柔らかそうですね(笑)。

はい。柔らかいから、なんでも包めちゃいます、フフフ。


◆今は服を着ているから分からないけど、どんなオッパイなんですか?
自分で事細かに教えてくださいよ。


えぇ~仕方ないですねぇ(笑)。やっぱり大きいからか、胸は程良く垂れています(照笑)。乳輪の大きさは500円玉くらい?色は(自分の服の中を覗き込み、確認しながら)薄茶色かな!?乳首も普通くらいの大きさだと思います。1センチくらいかな!?


◆敏感ですか?

乳首はやっぱり…ね。人に触られるのが1番感じます。


◆大きすぎて、困ったことはあります?

大きくてしんどいことはないんですけど、邪魔と言えば邪魔かも(爆笑)。


◆取り敢えず、ココまで講師としてのみくさんの話が多かったので、ここからはお店に在籍する女の子としてのみくさんの話を少し聞いていきたいのですけど、初体験はいつですか?

初Hは…確か16歳です。でもイク事を知ったのはお店でのお客さんでした。


◆1人Hはするんですか?

しますよ~。1人Hはやっぱり別腹なのです。週に1回くらいですけど、でもオナ歴は長いですよ(笑)。


◆いつ頃からし始めたんですか?

小5です!小学校5年生。


◆早熟ですね(笑)。小5でもイクんですか?

ちゃんとイキましたよ(笑)。


◆今の1人Hスタイルはどんな感じ?

手しか使いません。外側をちょっと触る感じです。だからクリ派かな、ウフ。
初めの方に言いましたけど、わたし、中はダメだから…。



◆あぁそうでしたね。でも指なんだ。最近は電マ好きが圧倒的なのに。

皆さん知らずにやってますけど、電マはやりすぎるとアソコの形が崩れちゃうんですよ。


◆なるほどねぇって、そりゃそうか。では1人Hはいつするの?

寝る前が多いです。休みの日は朝からしてますよ(笑)。


◆ドすけべですね(笑)。そう言えば、プライベートはMとのことでしたけど。

はい、ドMです。もう中途半端はイヤなんです。振り切って欲しいんですよ。


◆激しいなぁ…(笑)。ではしてみたいことってあります?

ちゃんと縛られたいです。ちゃんとですよ、ちゃんと。麻縄とかで


◆ド変態ですね。分かりました。話は尽きないし、訊きたいこともまだ多々あるのに、時間が足りないくらいです。
最後にさっきのDVDの件の他に、宣伝しておくことはありますか?


指名料がこの春から2000から→5000になります。


◆そうなんや。でもそれは何故?

お店のランキングから、もう消してもらおうかなって。


◆そう言えば前から疑問に思っていたんですけど、みくさんは太夫に昇格しないんですか?

その辺のこともあるんですよ。太夫になったら名字が付くんですけど、わたし、もう名字あるし。だから太夫とは違う別ランクをお店に作ってもらおうかなって。


◆なるほど。あぁでももうお別れの時間が迫ってきました。
言い残したことはないですか?


そうですね。わたし、コミュニケーション心理アドバイザーという資格も持っているんですけど、お部屋では2人っきりで裸なんだから、何でも言えますよね(微笑)。
愚痴でも良いので、いろんなことを話して欲しいな❤